アプリと分析情報

ダッシュボードとその使い方について学びましょう。


ダッシュボードでは、接続中のアプリの一覧表示、APIキーの管理、分析情報の確認、利用料金の管理などを行うことができます。

ダッシュボードにアクセスするには、Rakuten RapidAPIにログインして右上の「開発者の皆様」メニューから「ダッシュボード」をクリックしてください。dashboard.rapidapi.comに直接アクセスし、Rakuten RapidAPIアカウントでサインインしても構いません。

alt text

図1. ダッシュボードでアプリを一覧表示

メインのダッシュボード画面には、アカウント全体の分析情報とアカウント情報が表示されます。画面の左側にあるタブを選択すると、より詳細なデータを確認することができます。

分析情報

ダッシュボードでは、各アプリの分析情報も確認できます。「Analytics(分析情報)」タブを選択してください。

「Analytics(分析情報)」ページ上部では、アプリに接続しているすべてのAPIに対して行われているコールの記録や、リクエストデータのログを確認することができます。その下には、接続中のAPIごとに分析情報のチャートが表示されており、確認したい関数を選んで表示させることができます。

各チャートでは次のデータを確認することができます。

  • エラー率: エラーになったリクエストの数
  • リクエスト数: 行われているリクエストの数
  • レイテンシ: リクエストを実行する際の平均時間

カレンダーのアイコンをクリックして日付の範囲を選択すると、表示される期間を変更することができます。

alt text

図2. APIの分析情報を見る

分析情報の読み込み時間

カレンダーでデフォルト以外の日付範囲を選択すると、チャートの読み込みに時間がかかる場合がありますが、エラーではありません。しばらくそのままお待ちください。

お支払い情報

「Billing(お支払い情報)」タブでは、クレジットカード情報の変更、登録中のサブスクリプションプランや現在の使用量の確認、過去の使用履歴の閲覧などを行うことができます。

また、請求書のダウンロードや、日別の利用明細の確認も可能です。

無料プラン

ご登録いただいている無料プランも表示されます(金額は$0と表示されます)。これは記録のみを目的としたものであり、クレジットカードへの請求は行われません。