Java (Android)


Androidを利用してRakuten RapidAPI上でAPIの消費を始めるには、このコードをbuild.gradleファイルのdependenciesブロックに追加しなければなりません。

テキスト
 dependencies {
	compile 'com.rapidapi:rapidconnect-android:0.1'
}

依存関係が追加されたら、SDKを要求してください。

Java
import com.rapidapi.rapidconnect.RapidApiConnect;

ProjectNameProjectKeyで新しいRakuten RapidAPIクライアントをインスタンス化できるようになります。

Java
RapidApiConnect connect = new RapidApiConnect('ProjectName', 'ProjectKey');

今度はAPIを呼び出しますが、以下のコードを書くだけです。

Java
Map<String, Argument> body = new HashMap<String, Argument>();

body.put("ParameterKey1", new Argument("data", "ParameterValue1"));
body.put("ParameterKey2", new Argument("data", "ParameterValue2"));

try {
    Map<String, Object> response = connect.call("APIName", "FunctionName", body);
    if(response.get("success") != null) { }
}