Go

Goを利用してRakuten RapidAPIにクエリを行いましょう


Goを利用してRakuten RapidAPI上でAPIの消費を始めるには、以下のコマンドを実行してください。

Shell
 go get github.com/RapidSoftwareSolutions/rapidapi-go-sdk/RapidAPISDK

SDKをインストールしたら、それをコード内で要求してください。

Go
import ("github.com/RapidSoftwareSolutions/rapidapi-go-sdk/RapidAPISDK")

ProjectNameProjectKeyで新しいRakuten RapidAPIクライアントをインスタンス化できるようになります。

Go
rapidApi := RapidAPISDK.RapidAPI {'ProjectName', 'ProjectKey'}

今度はAPIを呼び出しますが、以下のコードを書くだけです。

Go
params := map[string]RapidAPISDK.Param{
	"ParameterKey1": {"data", "ParameterValue1"},
	"ParameterKey2": {"data", "ParameterValue2"},
}
response := rapidApi.Call("APIName", "FuntionName", params)
if response["success"] != nil {

} else {
    // use response["error"]
}
コードスニペット

機能ページのコードタブで、現在表示している機能のGoコードスニペットを自動生成するを選択することができます。