よくあるご質問-Rakuten RapidAPI for Teams


Rakuten RapidAPI for Teamsとは?

Rakuten RapidAPI for Teamsは、内部のAPIとマイクロサービスを公開、共有、共同作業するための場所です。チーム向けRakuten RapidAPIの詳細については、こちらをご覧ください。

組織とチームの違いは何ですか?

組織は、作成されたさまざまなチームで構成されます。たとえば、デフォルトチーム、フロントエンドチーム、バックエンドチーム、開発管理チームなどを含むRakuten RapidAPI組織があります。

各Rakuten RapidAPIアカウントは、複数の組織および各組織内の複数のチームに属することができます。

Rakuten RapidAPI for Teamsの費用はいくらですか?

請求は、組織内のシート[Rakuten RapidAPIユーザアカウント]の総数に基づいています。最初の5シート[アカウント]は無料で、6シート以上の追加は、1シート追加毎にすべて月額10ドルです。

たとえば、4人のチームは無料です。 11人のチームは月額60ドルです。
チームの数やチームごとのユーザーの数には基づいていません。

内部APIを公開するにはどうすればよいですか?

内部APIの公開は、個人アカウントでAPIを追加および管理するのと同じ構造に従います。唯一の違いは、今回は、新しいAPI画面の左上隅にあるドロップダウンから、APIを公開するチームを選択することです。APIが内部で公開されると、チームの全メンバがAPIを編集および管理するためのアクセス権を持ちます。

alt text

チームに新しいユーザーを招待するにはどうすればよいですか?

チームメンバーは、追加する前にRakuten RapidAPIアカウントにサインアップする必要があります。アカウントを取得したら、チームに新しいユーザーを追加する方法がいくつかあります。

1:[ユーザ管理]タブを選択し、メールまたはユーザー名を検索し、役割を設定して1つまたは複数のチームを選択することにより、新しいユーザーを追加します。
2:[ユーザ管理]タブを選択し、GithubまたはCSVファイルからユーザーを一括インポートします。
3:[チーム管理]タブを選択し、ユーザーが参加するチームを[編集]します。編集画面から、ユーザーを招待してその役割を設定することができます。

組織のシートを追加または削除する方法はありますか?

[組織の設定]タブでシートの追加、削除が可能です。 5人のユーザーがいる場合、追加のシートごとに月額10ドルかかります。

個人アカウントとチームアカウントを切り替えるにはどうすればよいですか?

個人のRakuten RapidAPIアカウント、またはチーム/組織の両方からAPIにアクセスできます。アカウントのドロップダウンが表示される場所であれば、コンテキストを簡単に切り替えることができます。これらのドロップダウンは、Rakuten RapidAPI Marketplaceの各APIのエンドポイントページ、API料金設定ページ、およびプロバイダーダッシュボード内にあります。

alt text

組織またはチームに追加できるユーザの数

組織またはチームに追加できるユーザの数は現在制限されていません。

組織の最初の5人のユーザは無料で、追加のシートはすべて月額10ドルです。ユーザが組織へ参加しましたら、追加費用なしで組織内のチームへそのユーザを割り当てられます。参加するチーム数の上限はありません。

いくつの組織とチームを作成できますか?

現在、作成できる組織、チームの数共に制限は設けておりません。